+

type :
house
location :
神奈川県川崎市
date :
2012.4
size :
73.6m2
photo :
河田弘樹
築30年のマンション1室スケルトンリフォームである。
木軸の壁と天井を全て取り払い躯体だけの状態に戻すと、+字に走るコンクリート梁が中央に現れた。現在では過剰とも思えるクラシックなその構造体を地形と捉え、そこに新たなインテリアを与えることで、30年前と現在とのhybridな風景を創り出そうと考えた。
木軸の壁を全て+字から離れた位置に設け、+字だけには仕上げを与えず素地とした。自由になった+字は、30年前のまま、空間の中を伸び伸びと行き交い、諸室を横断し、家全体を包み込む。
時間の流れを断絶せず、30年の歳月を繋ぎ合わせたこの住宅は、新しい住まい手によって、さらに歳を重ねて行く。 This case is a skeleton renovation of a room in 30-year-old apartment.

After removing interior finish materials, crisscross concrete beam was appeared.
A hybrid 30-year-old and present scene is created by regarding an exaggerated classical structure as the shape of the land, and giving there a new interior.
All wooden framed walls are built away from crisscross concrete beam and it is unvarnished.
Crisscross concrete beam doesn’t change from 30 years ago, crosses freely all around room, and coats the whole room.

This house doesn’t cut the flow of time. After a period 30 years, it continues to live across the ages with new residents.
footer_navi