80.84

type :
house
location :
奈良県奈良市
date :
2009.2
size :
80.84m2
photo :
河田弘樹
奈良市郊外に建つ住宅である。
敷地は、古い屋敷が取り壊され、ミニ開発にかけられた1区画。かつての庭にのびやかに茂ったソメイヨシノの大木は、屋敷とともに切り倒された。その荒涼とした開発風景を目の当たりにした時、共に建ち上がるだろう隣戸からの影響を受けず、そのかわり隣戸には、プラスの影響を与えることができる建ち方はないか考えた。
まず平面的には、建物をねじらせて壁面線に凹凸を付けることで、敷地境界線からの距離に変化を与え、自身と隣戸の通風・採光を確保すると同時に、隣戸からの視線を遮断する。次に断面的には、南斜面が構成する街並に倣い、南側を1階建て北側を2階建てとすることで、眺望と屋上庭園を得ながら、隣戸の庭に日だまりをつくっている。
壁面線に凹凸を生み出す内部空間は、諸室を扉のない四角形の連続としながらも、室としての領域を確保できるように、牛の胃袋のごとく、「膨らんではしぼむ」を繰り返す。こうして、見通すことの出来ない隣の空間のヒントが示されることで、家全体がどこまでも続いているような期待感を持つことができる。
こうして、物理的には80.84m2しか広さのない小住宅は、その何倍もの広がりを獲得している。 This is a small residence for a couple with one child, situated in Nara, Japan. The neighborhood is determined by a large number of individual houses spread over a gentle slope facing south. During the design process, the lot right beside was yet empty and it was unclear what was going to be built. Therefore, the design had to be autonomous, but at the same time it should be able to react positively on whatever was going to be built next door.
The volume of the house is constituted of an uneven volume, split and shifted both in ground plan and elevation into sub-volumes that are visually separated, but connected through continuous lighting and ventilation.
The interior space is characterized by interconnected cubes with no doors, privacy is ensured by deliberate nooks and narrowings between the rooms. Even though the house is with 80.84 m2 relatively small, the continuous spaces that always let anticipate the following room, convey a sense of larger extent.
footer_navi