rroomm

type :
select shop
location :
大阪府大阪市
date :
2009.8
size :
73.44m2
photo :
河田弘樹
セレクトショップのインテリアデザインである。
既存の扉が並ぶ方向に諸室を配置することで、その数だけ扉を増幅させる。さらに、この中にフェイクの開口を混ぜる。フェイクは、どこにも繋がらない「扉」と、扉が外れてしまったような「鏡」と、扉を埋めてしまったような「モルタル」の3種類。
こうして片側に並んだ11枚の扉のうち、来訪者が開くことができるのは、たった1枚でしかないが、全ての扉の向こう側は、別世界を想像させる可能性に満ちている。
物理的では無い方法で、どこまでも繋がって行く空間の広がりを獲得しようと試みている。 This is the design for the clothes shop in Osaka, Japan.
First of all, I have increased the number of doors by planning new rooms in the direction where existing doors line up. Next, I have mixed the fake doors in them. They are three kinds, ‘DOOR’ not connected anywhere, ‘MIRROR’ shows the door came off, ‘Concrete’ shows the door buried.
The guests can open only one door among eleven doors, but they can imagine the world exists in doors.
I tried to get the space connected endlessly by the way not physically.
footer_navi